Top >  中国株関連 >  中国株の種類

中国株の種類

日本の株にも東証や大証などの市場がありますように、中国株にもいろいろな種類の市場があります。
そして、中国株の特徴のひとつとして、市場によっては取引方法等に違いがあることです。
中国株には、中国本土株と香港株があり、A株・B株・H株・レッドチップなどに分けられます。
中国本土株と香港株とでは、取引の時間も取引の方法や内容もそれぞれ違っていますので、中国株に投資したい方はまずそれを理解するとよいでしょう。
1990年代にはじまったばかりの中国本土株のなかでも、上海市場と深せん市場とに分かれています。
そのなかの上海市場でも、A株とB株と分かれておりA株はいわゆる中国で居住権をもつ人しか取引できない株であり、B株は海外に住む人が米ドル建てで取引できる株のことを指します。
そして、深せん市場でもA株とB株の違いがありA株は中国で居住権をもつ人しか取引できない株で、B株は海外の人が香港ドル建てで取引できる株のことです。
そして、香港株のなかでは香港に上場している海外企業というのが最大の特徴で、もうひとつはレッドチップと呼ばれる株でレッドといえば、赤です。
まさに中国の国旗のカラーだといえます。

 <  前の記事 中国株に投資するには  |  トップページ  |  次の記事 日本で購入できる中国株とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16030

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株 ~中国の株式に投資するには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。