Top >  中国株関連 >  中国投資

中国投資

中国株が注目されるようになったのは、2001年に起こったアメリカでバブルがはじけニューヨークの株が大暴落し、日本においても景気が低迷し株が冷え込んで以来であるといえます。
また、当時は中国がWTOに加盟して、規制が少しずつ緩和されてきたころでしたので、海外の投資家が中国市場に比較的に参入しやすかったのも手助けになったのでしょう。
しかし、中国は社会主義経済が実施されていたため経済的に飛躍的な成長を遂げ、人的資源や物的資源が多いなかでお金の流通のさらなる活性化が期待できるものだといえます。
また、社会主義経済で為替管理体制をとっていましたので、資本の交流は経済規模ほど伸びてはいなかったといえます。
このようにして、アメリカや日本の投資家は中国が経済的に高度成長期に位置しまだまだ経済的に成長できるという、中国の持続可能な発展を見据えて、中国の経済成長に着目して株式投資に投じはじめています。
そのなかで、多くの投資家は中国の将来性に期待して、投資を続けているといえます。

 <  前の記事 中国の株式とは  |  トップページ  |  次の記事 中国と台湾  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16025

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株 ~中国の株式に投資するには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。