Top >  中国株情報 >  日本と中国の関係とは

日本と中国の関係とは

長い間、中国は日本から近くて遠い国だというイメージがありましたが、近年は中国経済が飛躍的な発展を見せているのをきっかけに、日本と中国の関係は少しずつ距離が縮まってきているといえるでしょう。
日系企業の数は急激増えて、いまでは日本の下請け事業の多くは中国で行われています。
したがって、日々の生活のなかで衣食住の多くはメイドインチャイナというラベルが貼られているものが多くなり、日本で生活をしながらも中国からの影響を多いに受けていることが実感できるでしょう。
日中関係は確実に緊密になりつつあり、経済を中心に多くの分野で協力を進めてきています。
2003年の日中経済を例にあげますと、貿易総額は史上最高の1324億ドルに達し中国は世界で最大の対日輸出国で、日本は中国にとっての最大の貿易相手国であり日本にとっては中国への輸出は年々増加する傾向にあり、中国市場は重要な位置を示してきています。
そして、日本の対中投資も大幅な伸びを見せ、中国との関係は日本にとって切っても切れない関係だといえるでしょう。

 <  前の記事 中国株の歴史  |  トップページ  |  次の記事 日中関係と中国株  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16049

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株 ~中国の株式に投資するには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。