Top >  中国株の特徴 >  レッドチップ株の企業

レッドチップ株の企業

レッドチップと聞いただけでは何のことかわかりませんが、ブルーチップでしたら何かで目にしたことがある、という方も多いのではないでしょうか。
ブルーチップといえば優良銘柄ですが、レッドチップもそのような意味合いをもっており、中国のカラーである赤を使ってレッドチップと呼ばれています。
レッドチップは、中国の中央政府機関や地方政府、国有企業などの傘下にある香港系の企業です。
中国のレッドチップといえば、中国本土系の中国資本の香港企業であり、主に通信やサービス・インフラ投資・ITなどの産業に集中しており、香港ドルで取引きができて売買単位は銘柄によって違います。
それでは、レッドチップにはどういった企業が参入しているのでしょうか。
代表的なレッドチップとしてあげられる銘柄はいくつかありまして、たとえば香港聯想という中国科学院に直属する中国最大手のパソコンメーカーがあげられます。

 <  前の記事 日本で購入できる中国株とは  |  トップページ  |  次の記事 注目を浴びるレッドチップ株の企業  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16032

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株 ~中国の株式に投資するには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。