Top >  中国株とは >  中国株投資のデメリットとは

中国株投資のデメリットとは

WTOへの加盟で経済的に安定し、北京オリンピックの開催、上海万博の開催などで景気がさらによくなることが予想されます。
しかし、メリットがある反面デメリットもあることを忘れてはなりません。
たとえば、国有企業が徹底した改革を実施すれば、いままでの雇用形態が崩れて失業率が高まる可能性があります。
また、日本の投資家保護措置が適応しませんので、投資した際のリスクは大きいです。
そして、中国の証券監督管理当局が市場に対する理解がまだ浅いうえ、中国株式は経済よりもむしろ政治的な要因で変動することが多いことがあげられます。
そして、中国の国有銀行は不良債権を多く抱えているといわれていますので、企業によっては倒産する危機に追い込まれる可能性があります。
そのほかにも、中国株式は香港ドルと米ドルで取引きを行いますので、その為替の変動にも左右されることがあげられます。

 <  前の記事 中国株投資のメリットとは  |  トップページ  |  次の記事 いざ中国株投資  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16041

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株 ~中国の株式に投資するには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。