Top >  中国株とは >  日本人が取引できる中国株

日本人が取引できる中国株

中国株といえば、中国の本土株と香港株とがあります。
そのなかでもおおまかにA株・B株・H株・レッドチップなどに分類され、このほかにもN株・S株・L株などがありますが、いずれもH株と同種類の株式で中国で登録している優良企業が海外から外貨を調達するためにニューヨーク・シンガポール・ロンドンで発行している株式をいうのです。
ところで、さまざまな目的に合わせて細かに別れている中国株ですが、実際に日本人が中国株に投資する場合に取引きできる中国株にはどういったものがあるのでしょうか。
一言でいえば、日本人が投資できる中国の株式は上海B株・深せんB株・レッドチップ株・H株の4種類だといえるのです。
中国の株式市場を日本の株式市場の規模を比べてみるとまだ規模が小さく、わかりやすくいえば東証一部のたったの5分の1ほどの規模でしかないのです。

 <  前の記事 A株とB株  |  トップページ  |  次の記事 中国株を取り扱う証券会社  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16038

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株 ~中国の株式に投資するには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。