Top >  中国株とは >  中国株の実体

中国株の実体

いまの中国の経済の成長ぶりは見事なもので世界各国の下請けを引き受けて、まさに世界の工場だといえるほど輸出が増えて、外貨準備高が増加しています。
いまではニュースや新聞などで人民元の切り上げ、変動相場制などがよく話題にのぼりますが、これは経済的に成長している中国が直面している問題のひとつであり、投資家にとって留意すべき点でもあるといえます。
中国の経済は、アメリカをはじめ、日本などで景気が停滞しているなかでも今なお安定持続の成長を遂げています。
1970年代に台湾が多くの国々から下請けを引き受けたときと同じように、中国はいまや世界の工場と呼ばれるほど実に多くの下請け事業を受けもっており技術的に優れているうえ、人件費が安価なために中国は下請け産業が急成長を遂げているのです。
そして、中国株は2001年を前後して急騰しました。

 <  前の記事 中国株の投資メリットとは  |  トップページ  |  次の記事 中国株に投資するには  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16028

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株 ~中国の株式に投資するには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。