Top >  中国株とは >  中国株の投資メリットとは

中国株の投資メリットとは

台湾は、1971年に国連を脱退しました。
そのことがきっかけで日本を含む多くの国から国交を断絶されてしまったのです。
その時期に、台湾証券取引所が設立され株価指数は600ポイント前後で、一人当たりのGDP(国内総生産)は700ドルでしたが台湾はインフレ整備が進んでいたため、日本などから下請け作業を多く引き受け一気に高度成長が始まったのです。
それから台湾の株価は急速に伸びて1万2600ポイントにまで一気に上昇しました。
そして、外貨準備高は1000億ドルを上回り、一人当たりの外貨準備高は世界的にトップの水準に達したのです。
このようにして、当時の台湾は技術面で日本などと同等のノウハウを持ちながらも、賃金面で日本諸国よりもぐっと安かったためあっという間に経済的に豊かなになりました。
そして、主に輸出を行っていたため、外貨準備高も増加しました。
このため、たとえば、発展の初期段階で企業の株を購入していれば、株価は上昇して投資家としての勝ち組になるのです。

 <  前の記事 中国と台湾  |  トップページ  |  次の記事 中国株の実体  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/16027

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株 ~中国の株式に投資するには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。