Top >  中国株とは >  世界の工場と呼ばれるようになった訳とは

世界の工場と呼ばれるようになった訳とは


前回、現在の中国は今や先進国を後から追い、追い抜こうとしている点だと紹介しましたね。
先進国の工場化・・・それはひと段落すると日進月歩していた技術革新というものが頭打ちになってしまったのです。
生産体制といったものも充実し、
供給が需要より上回る・・・そういうことも可能になってしまったのです。
それでは、市場で勝ち残っていくための課題とはどういってものでしょうか?
それは、「生産原価」を切り下げる事なのではないかと思います。
生産原価を切り下げる・・・コストダウンですね。
同時期の中国は国内の改革や開放セ策といったものが行き詰まっていました。
その中、手を結んで協力した結果が「世界の工場」と呼ばれるほど中国は勢いを増してきたのです。
中国は先進国の技術に対応できる能力を持ち合わせていました。
ですので、国家対策として海外への外貨資金と生産技術とを受け入れたのです。
結果、中国には世界中の資金が集まるようになりました。

 <  前の記事 現在の中国とは  |  トップページ  |  次の記事 中国の注目すべき産業は?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/5352

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「中国株 ~中国の株式に投資するには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。